GoogleアナリティクスがGA4に大幅アップグレード!方法と内容をご紹介

ともよ
こんにちは!会社員×複業家のともよです☺
プロフィールはこちらから!

Googleさんが素晴らしい予測機能を武器に
GA4へアップグレードしました!

 

マーケティングの投資収益率(ROI)の長期的な改善をサポートするために、Google では、よりインテリジェントな次世代の Google アナリティクスを作成しています。この新しいアナリティクスは、昨年導入されたアプリ + ウェブ プロパティの基盤の上に構築され、すべての新しいプロパティでデフォルトのエクスペリエンスとなります。

引用元:次世代の Google アナリティクスのご紹介

 

ついにROIの計算までできるように
なってしまったのか、、、、、!!!

 

ということで、今回は
新しい機能、アップグレード方法についてご紹介します☺

 

スポンサードリンク

GAが大幅アップグレードを発表

今までの機能に加えて、未来の予測機能がつくというのは
なんとも画期的!

 

Introducing the new Google Analytics

 

GoogleAnalytics4(GA4)の新機能

アップデート後のGA4の新機能をご紹介します☺
※まずはアプリ + ウェブ プロパティにアップグレードが必要
アプリ + ウェブ プロパティへのアップグレードが必要です。
(もともとその設定の場合は対応不要)
Google アナリティクス 4 のプロパティ
(ベータ版では「アプリ + ウェブ プロパティ」)は、
すべてのアカウントで使用できます。
また、ウェブサイト、アプリ、またはその両方で
新しいプロパティを作成する際の
デフォルトの設定となります。

 

Google アナリティクスでは、アプリとウェブサイトの両方でユーザーがとった行動を測定できます。Google の機械学習モデルを適用すれば、データを分析してユーザーの今後の行動を予測することも可能です。今回、アプリ + ウェブ プロパティに 2 種類の新しい予測指標が導入されます。1 つ目は「購入の可能性」です。これは、アプリまたはサイトを訪問したユーザーが、今後 7 日以内に商品購入に至る可能性を予測する指標です。2 つ目は「離脱の可能性」で、これは最近アクティビティのあったユーザーが、アプリまたはサイトを今後 7 日以内に利用しなくなる可能性を予測する指標です。Google 広告を使って、購入を行う可能性が高いユーザーにアプローチしたり、アプリやサイトへの再訪問をユーザーに促したりするなど、ビジネスの成長につながるさまざまな活用方法が考えられます。

 

1.Google 広告で予測オーディエンスにアプローチする

今までのユーザーアプローチは
「買い物かごに追加」した人の中からのみでした。

 

Google アナリティクスのオーディエンス作成ツールで、新しい予測オーディエンスが提案されるようになります。たとえば、「購入の可能性」指標を使用すれば、「今後 7 日以内に購入に至る可能性が高いユーザー」をまとめたオーディエンスを利用できます。また、「離脱の可能性」指標を使用すれば、「サイトまたはアプリを今後 7 日間利用しない可能性が高いユーザー」を含めたオーディエンスを使うことができます。

 

これからは
買い物かごに追加したことのない人へのアプローチも追加されます。

 

Googleさんによると、

アプリやサイトでの購入につながりやすい顧客行動が自動的に識別されるため、
コンバージョンにつながる可能性が高いユーザーを効率良く見つけられるとのこと

 

 

いやどんな識別できんだよ
すげえなGoogleさん、、、、

というのが、率直な感動ですね(笑)

 

これまでは、購入の可能性が高いユーザーにアプローチする場合、買い物かごに商品を追加したものの購入には至らなかったユーザーをオーディエンスを含める方法が一般的でした。しかし、この方法では、商品を選択しなかったものの今後購入に至る可能性が高いユーザーにはアプローチできません。予測オーディエンスなら、アプリやサイトでの購入につながりやすい顧客行動が自動的に識別されるため、コンバージョンにつながる可能性が高いユーザーを効率良く見つけられます。

 

たとえばホームセンターの経営者が、今月のオンラインでの売り上げを伸ばそうとしているとします。アナリティクスの新機能により、今後 7 日以内にアプリまたはサイトで商品購入に至る可能性の高いユーザーを含むオーディエンスが提案されます。選択したら、あとは Google 広告でメッセージをカスタマイズして広告を配信するだけです。

 

あるいは、オンライン サイト運営者が、1 日の平均ユーザー数を維持する方法を検討しているとします。その場合は、サイトまたはアプリを今後 7 日間利用しない可能性が高いユーザーのオーディエンスを作成し、そのユーザーをターゲットに Google 広告キャンペーンを作成します。人気のある記事に誘導してアクセスを促すと良いでしょう。

 

2.予測指標で顧客のアクティビティを分析する

 

予測指標の用途はオーディエンスの作成だけではありません。分析モジュールによるデータ分析にも活用することができます。たとえば分析手法「ユーザーのライフタイム」を使えば、「購入の可能性」が高いユーザーの獲得に貢献したマーケティング キャンペーンを割り出すことが可能です。該当キャンペーンの予算配分を増やせば、マーケティングの効率アップが期待できるでしょう。

 

スポンサードリンク

GoogleAnalytics4(GA4)へのアップグレード

設定方法はこちらから↓

次世代の Google アナリティクスのご紹介

 

管理画面からアップデート

実際にやってみた↓↓

GoogleAnalytics4へのアップグレードボタンがあるということが
管理者画面、そして設定画面のコメントからわかります。

 

「GA4へのアップグレード」を選択します。

「ようこそ」を選択

 

「プロパティを作成」を選択

 

設定アシスタントによる設定

設定のアシスタントという機能がついているので、
初心者にも安心!

 

ここで、下記の設定が可能です

 

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしょうか。

お役に立てれば、シェアお願いします!☺

複業やってみたい仲間募集^^

わたしは外資系企業に勤め、月100時間を超える残業があるなかで、こつこつ複業やマーケティング・エンジニア・デザイナーの知識を学び、その生活から1年経つ頃には複業の収入が外コン収入を上回っていました。

複業のおかげで今の会社にも出会い、自由な生活と楽しい仕事を手に入れることができています!

ということで、もしこのようなライフスタイルに憧れる方がいたら、ぜひ複業家となるまでお手伝いや協業させてください!

まずはかたい雰囲気はナシでざっくばらんにお話できればと思います^^

このブログはWordPressテーマ「Diver」を使用しています

ともよ
ブログの収益化・効率化を狙うならテーマによるSEO対策や操作性は大事な要素の一つ。

WordPressテーマ「Diver」は初心者にも使いやすく、自分色のブログを作りやすいサイト構造が特長。

人と被るようなブログにしたくない!そんなあなたにおすすめのテーマです。

Diverを使えば、SEO対策はもちろん、ユーザビリティーを考えられたデザインで、サイト回遊率、直帰率、再訪問がアップします。アフィリエイターだってブロガーだって関係無しで、長い間愛されることの出来るコンテンツをDiverなら作成できます!!

Diverの購入はこちらから

おすすめの記事