転職に強くなるためには、プログラミング知識が必要⁉効果的に学ぶには?
こんな悩み持っていませんか
  • 今の仕事は自分に向いていない。正直もっと稼げる資格のようなものを持っておきたい。
  • 最近よく聞くプログラミングって持ってたらわたしのこの願いは叶うのか。

こんな悩みはありませんか?

 

最近よく聞くプログラミングというのは本当に必要な役立つ知識なのか。

 

プログラミング知識が本当に役立つのかというのはわたしもよく思っていました。

そして、その業界に足を突っ込んでみて、思います。(詳しくはプロフィールにまとめました)

 

プログラミング知識は必要です。

 

プログラマー、エンジニア不足という背景から年々プログラミング学習の必要性は高まっています。しかし、まだプログラミングを学習したことがない人の場合、なぜプログラミング学習が必要なのか、理由、背景を知らない人も多いと思いのではないでしょうか。

AIに乗っ取られるという職種に当てはまる方は特に、このままだと5年後に失業します。

今回はそんなあなたにプログラミング知識の必要性とおすすめ勉強法をお伝えします。

この記事でわかること
  • 今すぐプログラミングを学ぶべき理由
  • プログラミングのおすすめ勉強法
この記事の信頼性
  • 執筆者はプログラミング初心者から、プログラマー職になった
  • プログラミングの必要知識を学び、実際に活かして現職は開発職

スポンサードリンク

結論

わたしからこの記事で伝えたい結論は二つです。

  • プログラミング知識は必要
  • 効率的に学ぶには「オンラインに対応したプログラミングスクール」で学ぶべし

理由

プログラミング知識は必要

①:世界的にプログラマー・エンジニアの需要が増している

プログラマー・エンジニアの需要は年々高まっています。むしろ世界中でプログラマー、エンジニアは深刻な人手不足の状態に陥っています。

経済産業省調べによると、日本でのIT人材の不足数は2016年の時点で17.1万人不足しており、2030年には78.9万人不足すると予測されています。これから日本は人口減少が進んでいくのでプログラマー・エンジニア不足も深刻化することが考えられます。

IT人材の人手不足は日本に限られたことではなく、海外も同じです。2020年までにヨーロッパでは78万人、アメリカでは140万人のIT人材が不足されると予測されており、各国で現状プログラミング教育に力を入れています。

現在他業種で働いており、プログラマー、エンジニアに転職を考えている人はチャンスです。独学でも良いので学習を進め、一つ成果物をつくることをおすすめします。つくったものを見てもらうだけで採用される確率は上がります。

②:自由な就業形態をとりやすい

人手不足のため需要の高いプログラマーとエンジニアですが、職場に行かず在宅ワークを実現できるのも大きなメリットです。

お子さんがいるお母さんや、職場から遠いところに住んでいる人など、在宅で仕事をした方がいい人は多いです。またリモートワークで仕事ができる環境が整えば、旅行先で仕事をしたりすることも可能になります。

またプログラマーであれば必ず週5日働く必要はなく、週3日からなど短い時間の働き方を選ぶこともできます。なので副業としても働きやすく、プログラミングスキルを習得することによって自由な働き方が選べます。

③:高収入になりやすい

プログラマー、エンジニアは高収入を狙うことができる職種です。プログラマーの平均年収は350〜500万円と言われています。平均年収自体は一般的です。

しかし企業の規模や仕事に使用する言語などをちゃんと選べば、年収1,000万円を目指すことも可能です。もし就職、転職をしたはじめのうちから高収入を狙うのであれば大企業を目指しましょう。

また収入が高くなりやすいプログラミング言語もあります。プログラミング言語で一番高収入になるのは「Scala」です。Scalaはサーバーサイドの開発言語です。使用できるプログラマーが少ないため年収が上がりやすいです。

次いで求人件数が多く、年収も高収入になりやすいのが「Python」です。人口知能(AI)などにも利用するPythonはこれからも需要の高い言語です。またiOSアプリをつくることができる「Swift」も求人数が多く、高収入になりやすい言語です。比較的開発されたのが最近の言語のため、まだ使用できる人が少なく重宝される言語です。

このように就職する企業や選ぶプログラミング言語に気を付ければ、プログラマーは高年収を期待することができる職種です。今の仕事よりも年収を上げたい人は、プログラミング学習を始めてみるのがおすすめです。

④:自分でWebサイトやアプリをつくれるようになる

プログラミング学習をすることによって自分の力でWebサイトやアプリをつくれるようになります。そして自分でつくることができるものが増えていくにつれ、インターネット上などのシステムの仕組みを把握することができるようになります。

アプリやWebサイトをつくるのは難しいようなイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。インターネットの無料学習サイトなどを利用して、独学でつくることも可能です。とりあえず学習を始めて、コードを書いてみれば難しくないことに気付きます。

またプログラミングスキルを利用することによって、自分の仕事の効率を上げることもできます。同じ作業がつづく仕事の場合、プログラムを組むことによって仕事を簡素化させることができ、自分で行う作業を減らすことができるのです。

⑤:人口知能(AI)に仕事が奪われることがなくなる

最近のインターネットやテレビで、ロボットやAIに私たち人間の仕事が奪われる、といったニュースを見たことはありませんか?

オックスフォード大学でAIの研究を行っていたマイケル・A・オズボーン博士が発表した「未来の雇用」という論文の中で、ロボットやAIが私たちの仕事の約半分を代替えするようになる、と指摘しています。近年人口知能の技術の発達はめざましく、私たちの仕事のあらゆる分野に参入できる可能性が広がっています。

以下が人口知能(AI)に代替される可能性の高い職業です。

・スーパーのレジ打ち
・電話のオペレーター
・レストランの接客係
・簿記、会計、監査の事務員
・タクシー運転手

現在上記の職種で働いている人の場合、自分の仕事がなくなってしまう自体に対処するためにも、プログラミング学習をしておくことをおすすめします。

プログラミングを習得しておけばプログラマーとして働くことが可能になりますし、人口知能の仕組み自体を把握できるようになります。これからの時代を生きていくためにも、プログラミングはとても重要度の高いスキルです。

こんな悩み持っていませんか
  • 動画でプログラミングを教えている為、繰り返し学習出来て挫折する心配がありません。
  • 完全オンライン講座ですので、場所や時間にとらわれず学習することが出来ます。
  • 受講期間に制限はなく、一度受講すれば、ずっとカリキュラムを閲覧することが可能です。
  • 質問に対しても専門のITエンジニアが回答するので、学習の心強い味方になります。
  • 実践形式が多いので、カリキュラムを進めることで自分のポートフォリオも充実できます。
  • 学習内容をパッケージ化しているため、他社よりも圧倒的に低コストで受講することが出来ます。

スポンサードリンク

プログラミングの勉強法

書籍で勉強する

書籍で勉強するというのは一手ですが、これはモチベーション管理という面で至難の業です。

<おすすめ>オンラインに対応したプログラミングスクールに通う

オンラインに対応したプログラミングスクールはわたしの中ではおすすめの一手です。

 

そして、このようなポイントでプログラミングスクールを選ぶのが安心です。

安心できるプログラミングスクールの選び方
  • 動画でプログラミングを教えている為、繰り返し学習出来て挫折する心配がない。
  • 完全オンライン講座ですので、場所や時間にとらわれず学習することが出来る。
  • 受講期間に制限はなく、一度受講すれば、ずっとカリキュラムを閲覧することが可能。
  • 質問に対しても専門のITエンジニアが回答するので、学習の心強い味方になる。
  • 実践形式が多いので、カリキュラムを進めることで自分のポートフォリオも充実する。
  • 学習内容をパッケージ化しているため、他社よりも圧倒的に低コストで受講することが出来る。

 

そしてわたしの場合のおすすめプログラミングスクールはこちら↓↓

RailsHackさんは上記の点をすべて網羅している最強プログラミングスクールです。

 

今なら期間限定の割引きをしているらしい!69,800円が29,800円!

スポンサードリンク

まとめ

つまり、今すぐプログラミングスの知識は学ぶべき。

そして、オンラインに対応したプログラミングスクールで学ぶべきというところです。ぜひキャリアの一手にしてみてください。

 

おすすめの記事