一番簡単・失敗しないXcerverでSSL化の設定方法とプラグイン /WordPress

あなたのサイトはこのように「保護されていない通信」という画面がでてきていませんか?

これはその名の通り、保護されていないためSEO的にもいい状態とはいえません。

ていうか、あなたもサイトにアクセスしてこの画面がでていればあまり長居したくないですよね(笑)

 

 

正しい状態はこちら⇃

こんな感じで鍵マークがついていれば問題ありません。
この鍵マークを付けるためにやるのがSSLです。

 

厳密にいうと、URLが変更になります。
要するにhttpから、httpsに変更されていれば、保護されていな通信というのはでないわけです。

SSL化する前:http://yotty.info/
SSL化した後:https://www.yotty.info/ (wwwはつかない場合もあります。)

 

 

今から説明する方法はおそらく一番簡単な方法なので、初心者の方は特にこの方法をお勧めします。

それではさっそく説明していきます。

スポンサードリンク

XcerverでSSL証明書をインストールする

Xcerverのサーバーパネルにログインします。

右上のSSL設定をクリックします。

SSL化設定するドメインを選択します。

独自SSL化設定追加のタブに移動して、設定対象ドメインに間違いがないことを確認します。

サイトのところからは、場合によっては選択肢(wwwをつけるか、つけないか)があるかもしれません。

これは正直どちらでも構いません。
wwwは以前まではURLには絶対についていましたが、最近は付けないことの方が多いです。

あなたの好みで決めて問題ありません。

反映に時間がかかる場合がありますが、SSL設定一覧に戻ったときにSSL用アドレスが表示されていれば、証明書の取得は完了です。(URLは控えておいてください。)

Xcerverはもう閉じずにおいておいてください。

 

プラグインの導入 Really Simple SSL

Really Simple SSL というプラグインを導入してください。

プラグインの導入方法はこちらから⇃

プラグインの導入方法 /プログラミング無しにWordPressを使用するために必要

「はい、SSLを有効化します」を押します。

もう一度Wordpressのログイン画面がでてくるので、ログインすると
このような画面がでてくるので、これでSSL化設定は完了です。

URLの表示に鍵マークがついていることが確認できれば完了です。

 

スポンサードリンク

リダイレクト設定

そして、最後にリダイレクト設定というをする必要があります。
リダイレクトというのは聞いたことがあるでしょうか?

 

これは例えば、わたしのサイトへの訪問者がSSL化設定する前の
http://yotty.info/」このURLからわたしのサイトに入ろうとした場合、

SSL化してURLが変更になっているため、エラー画面が表示されてしまいます。

 

これを避けるためにリダイレクト設定をして、
http://yotty.info/」のURLで入ろうとした場合に
自動的に「https://www.yotty.info/SSL化後のURLへ入るように設定することをリダイレクト設定といいます

 

では、最初にXcervernoサーバーパネルから、
.htaccess編集という画面へ行きます。

設定するドメインを選択します。

 

.htaccess編集のタブを選択します。

プログラミング初心者だと嫌いそうな、コードがたくさんでてきましたね(笑)
ちなみにわたしもコードは嫌いです(笑)

 

 

この下へ、下記文字列をそのままはりつけてください。

 

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

 

確認画面へ進む⇒実行する ボタンを押します。

こちらの画面がでてこれば完成です。

スポンサードリンク

まとめ

こちらで完成になります。

試しに「http」のURLでアクセスしてみてください。自動的に「https」の画面へ行くはずです。

お役に立てればシェアお願いします!

おすすめの記事