【WordPress】ブログ開設完全ガイド

 

WordPress開設方法をまとめます。

 

簡単にWebサイトを構築できるツールとして世界中のユーザーから支持を集めているWordPress。

更新のしやすさだけでなく、デザイン性の高いサイトを比較的簡単に構築できることから、ブログやアフィリエイトサイトをはじめ、企業のホームページなどにも利用されています。

なお、WordPress自体は誰でも無料で使うことができるソフトウェアです。

 

 

本記事ではWordPressの開設手順・必要な環境・初期設定の方法から、おすすめのレンタルサーバーなどについても解説していきます。

 

スポンサードリンク

WordPressとは

WordPress(ワードプレス)はCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)と呼ばれるWebサイトを構築・管理・更新できるシステムです。

 

通常Webサイトを制作する場合は、HTMLやCSSなどのマークアップ言語によるコーディングが必要となるほか、更新の際にはFTPソフトを利用してファイルの更新を行う必要があります。

 

WordPressは、そうした複雑なコーディングや煩雑な更新方法を必要とせず、簡単にWebサイトを構築できるのが最大のメリットです。

 

とはいえ、メリットだらけの万能システムというわけではありません。少なからずデメリットも存在します。

世界中で多くのユーザーが使用するシステムであるということは、裏を返せばその分、注目を集めやすくなります。

 

ハッカーなど悪意を持った攻撃者の格好のターゲットにもなり得るのです。ただし、しっかりと対策をとっておけば問題ありません。

 

最近では、セキュリティを強化したレンタルサーバーも登場しており、WordPressを気軽に始める環境は整っていると言えます。

 

WordPress開設に必要なもの

WordPressを始めるにあたり、必ず必要となるものがあります。

レンタルサーバー」「独自ドメイン」「テーマ」の3つです。

レンタルサーバー・独自ドメインの取得

サーバーとは、簡単に言えばWebサイトの置き場所です。

自分で構築することも可能ですが、専門知識が必要であるほか、セキュリティ対策などもすべて自分自身で行わなければいけません。レンタルサーバーであれば、トラブル対策やサポートも充実しており安心です。

個人でWordPressを利用する場合は、レンタルサーバーを契約することをおすすめします。

 

ドメインとはいわばサイトの住所にあたるもので、URLの中心部分です。

WordPressでWebサイトを作る際には必ず必要となります。独自ドメインはこの世に1つだけのあなただけの資産です。

独自ドメインをもっていれば他のサイトと差別化できるとともに、中長期に渡って安心してあなただけのWebサイトを運用することができます。

 

テーマ選定

「テーマ」と呼ばれるデザインテンプレート機能が自由に導入できるのがWordPressの魅力の1つです。

テーマを設定することで、一からコードを書く必要がなく簡単にWebサイトのデザイン・レイアウトを変更することができます。

テーマには有料のものと有料のものがありますが、無料でもデザイン性が高く機能に優れたWebサイトを作ることができます。

 

詳しくは下記の記事へ▼▼

 

 

WordPress開設後にやること

 

WordPressサイトにアクセスする

ログインページにアクセスし、WordPressにログインします。

ユーザー名(またはメールアドレス)とパスワードを入力します。

WordPress管理画面にログインする

ユーザー名とパスワードを入力すると、このような管理画面が出てきます。

これを「ダッシュボード」と言います。

記事の投稿や編集、設定を変更やプラグインの導入、デザインやレイアウトの編集など、WordPressのサイト更新に関わるほとんどの作業をこのダッシュボードを経由して行うことになります。

まずはパーマリンクを設定していきましょう。

パーマリンクとは、簡単に言えばそれぞれのページ(記事ページや固定ページなど)に割り振られたアドレスのことです。

 

ブラウザのURL表示欄に、「http://○○○/△△△/」などと表示されているのを見たことがあると思います。

この△△△の部分がそのページのパーマリンクです。

WordPressでは、このパーマリンクの表示方法を、自由に設定することができます。

「設定」を選択し、「パーマリンク設定」をクリックします。

 

デフォルトでは「投稿名」にチェックが入っています。

これを数字ベース(投稿した順番に自動的に数字が割り振られる)など、いくつかの方式を適用することができます。

ここで注意したいのは、日本語を使用しないことです。

 

WordPressのバージョン違いなどの要因で、エラーになる可能性があります。(ほぼ確実にエラーになります。)

なるべく英数字で、そのページの内容を表わすわかりやすい文字列を心がけると、トラブルがなく安心です。

テーマの設定

ダッシュボードから「外観」にカーソルを合わせると、「テーマ」という項目が表示されます。

選択すると、現在WordPressにインストールされているテーマが表示されます。

 

新しく追加する際は上部にある「新規追加」を押下し、ご希望のテーマを検索(または購入済みのテーマをアップロード)します。

希望のテーマが表示されたら「いますぐインストール」を押し、「有効化」を選択すれば、テーマの導入は完了です。

「WordPressかんたんセットアップ」を利用した場合は、最初からあなたの選択したテーマがインストールされているはずです。(インストールされているだけで有効化はされておらず、そのままでは初期設定のデザインが反映されています。)

選択して有効化することで、テーマが反映されます。

サイト名とキャッチフレーズ

サイトのタイトル(サイトの名前)とキャッチフレーズを設定していきましょう。

この2つを設定することで来訪者にあなたのサイトがどんなサイトであるかを伝えるとともに、検索性も向上します。

ダッシュボードの「設定」から「一般」をクリックすると、上記のような画面が出てきます。

ここから、タイトルとキャッチフレーズを設定することができます。

 

プラグインをいれる

 

絶対に入れるべきプラグイン

必要であれば入れたほうがいいプラグイン

 

 

 

Google Analyticsの設定

Google Analyticsは無料で利用できる高機能なアクセス解析ツールです。

Google Analyticsの設定には、いくつかの方法があります。

ここでは、プラグインの「All in One SEO Pack」を使用した方法をご紹介します。

まず、ダッシュボードから「プラグイン」を選択します。

検索窓に「All in One SEO Pack」と入力し、プラグインをインストールします。

インストール後、メニューに「All in One SEO Pack」が表示されるようになります。

その中から「General settings」を選択しましょう。

いくつか項目が表示されます。

「GoogleアナリティクスID」という箇所に、自身のトラッキングIDを入れます。

最後に「保存」を押せばAnalyticsの設定は完了です。

 

デフォルト設定の削除

 

その他、WordPressを始める際にやっておきたい初期設定について、いくつか紹介します。

サンプル記事の削除

WordPressをインストールし、作成されたサイトを開くと、デフォルトで「Hello world!」というサンプル記事が入っています。

入れたままでも大きな問題はないのですが、検索にインデックスされてしまうことで、不利益が生じる可能性もあります。

「ゴミ箱へ移動」をクリックし、削除しておくことをおすすめします。

不要なプラグインの削除

さまざまな機能を追加できるプラグイン。

とても便利なので、気がつくとたくさん追加してしまっていることがありますが、不要なプラグインは、できるだけ削除しておくことをおすすめします。

使わないプラグインをそのままにしておくと、サイトの動作が重くなるなどの不具合が生じることも。

また、サポートが終了してしまったプラグインをそのままにしておくと、セキュリティ面で問題が生じることも考えられます。

メタ情報削除

メタ情報は、サイト管理をしやすいリンクを表示する項目です。

デフォルトでは「アーカイブ」「カテゴリー」などの項目の付近に表示されているはずです。

写真の通り、「サイト管理」「ログアウト」などの管理項目が表示されています。

サイトの管理者にとっては便利な機能ですが、訪問者もアクセスができてしまうため、セキュリティ面で危険が生じる可能性があります。

ダッシュボードの「外観」から「ウィジェット」を選択し、「サイドバー」「フッター」などに「メタ情報」の項目があれば、削除します。

  • ※テーマによっては、テーマ固有の設定項目からでないと削除できない場合があります。

困ったときのQ&A

 

スポンサードリンク

まとめ

今回の記事では、WordPressを始める際に必要な設定についてご紹介しました。

WordPressの魅力は、コーディングやプログラミングの専門知識を必要とせず、比較的簡単に本格的なWebサイト制作を始めることができることです。

 

耳慣れない単語が登場しますが、ひとつひとつ順を追って設定していけばそれほど難しくはありません

また、一度覚えてしまえば、複数のサイトを効率的に運用することも可能です。